お金のイラスト

何事もそうですがスキンケア商品もピンキリですよね。
ドンキホーテや薬局では500円程度の化粧水も売っている一方で、同じ分量で5,000円以上する代物もたくさんあります。

価格差10倍以上!?

この差はいったい何なのか?
調べてみたのでご紹介させてください。

安い化粧品は肌に悪い

安い化粧品はコスト重視な分、品質はよくないものが多いです。

「エッ!?安物使っているけど悪くないよ!」
というあなた!

そのつけは後々まわってくるかもしれません。

使用感にはチカラを入れる

安物のスキンケア商品にも短期的な効果はあります。
効果がないと売れませんからね。

しかし、チカラを入れているのは人が気にするポイントだけです。
目に見えないところが犠牲になっているのを忘れていはいけません。

目に見えないところで手を抜く

たとえば、化粧水によく使われているエタノールという成分があります。

これは安価な化粧水ほどよく使われている成分ですが、これを配合するとスーッとした使用感と共に化粧水がベタつきません。

心地よい使用感と、化粧水がスムーズに肌に浸透している印象で利用者の満足感は高いのですが実は効果がありません。
というのも、肌に浸透していると思わせておいてほとんどが空気中に蒸発しているからです。

しかも、蒸発するときに周りの水分を巻き込むので肌が乾燥しやすくなります。
肌に水分を補うために使っている化粧水で、肌が乾燥するのですから本末転倒もいいところですよね。

このように、使用感や利用者の満足感は高いけど実際には何の効果もなく逆に悪影響を及ぼしているのが多くの安価なスキンケア商品の実態です。

泡立てた洗顔料

高い化粧品は違うのか?

高い化粧品でも同じようなものはあります。
また、理由もなく高い値付けをすることでブランディングといいますか、商品の品質が高いと勘違いさせるケースもあります。

しかし、本当に質が良くて高い化粧品が存在するのも事実です。

セラミド入りは本物の可能性が高い

セラミドは人の肌にもともとある保湿成分です。
そのため、安全性が高くかつ確実な保湿効果が見込めます。

しかし、その半面価格が高いです。
化粧品メーカーは利益のことを考えるとできれば使いたくありません。
使用感がよくなるわけでもないですしね。

だからこそ、セラミドを配合しているスキンケア商品は本当に肌にいいものの可能性が高いのです。

ZIGENオールインワンにはセラミドが3種類配合されています。
他の成分も安心して使えるものなので、品質には間違いありません。

薬局に売っているスキンケア商品よりは高いですが、セラミド配合のスキンケア商品にしては安い方です。

高いスキンケア商品が薬局で売っている安価なスキンケア商品とどう違うのか気になっているなら、試してみる価値があるかもしれません。